マカはインカ帝国の時代から珍重されてきた。

マカは、南米ペルーのアンデスの高地を原産とするアブラナ科の植物です。地を這うように葉を広げ、根はカブのような形をしています。インカ帝国の時代から栄養価の高いの作物として伝承されてきました。マカは高度4000m前後のアンデスの高地で栽培されたものが良質であり、ボンボン高原が最適な栽培地とされています。大地のあらゆる栄養素を 、凝縮して一身に取り込むマカを一度栽培すると、その土地は数年は不毛になるほどです。

マカは古代からアンデスの人々が常用してきましたが、マカの成分は世界中で研究さて、その有効成分や特性が徐々に明らかになってきています。
マカには、次のような栄養素があります。必須アミノ酸、タンパク質、ビタミン、ミネラル、炭水化物、糖質などの栄養素のほか、アルカロイド、タンニン、アントシアニン、サポニン、デキストリンといった有効成分が豊富に含まれています。

マカはNASAの宇宙食に採用された

アメリカでは、NASAがマカを宇宙飛行士の食料として使っています。NASAの説明によると、彼らのように重要かつ危険な任務には常に体調を保持し、頭脳が明朗で反射能力を最上の状態に維持する必要がある、マカならそれが可能だからということです。

マカ モラーダ種が注目されている

マカは品種によって、黄色、白色、紫色、黒などさまざまな色のものがありますが、食用にされるのは根の部分で、有効成分もこの部分に多く含まれています。その中でもとくに珍重されているのが濃い紫色のマカ モラーダと呼ばれるものです。

マカ モラーダ100%粒は、天日乾燥のマカ・モラーダ(濃い紫色のマカ)を100%使用し、飲みやすいように粒タイプにしたものです。このマカ・モラーダ100%粒は固形剤を一切含まない、圧力だけで固めたマカ・モラーダ100%の錠剤です。一粒250mgの小粒で飲みやすい錠剤です。健康維持にマカをおすすめします。


【参考資料】

アンデス高原に自生する生薬の数々

【一般名】Maca(スペイン語)マカ
【概略】ペルーでは広くマカと呼ばれているこの植物はSoukup(1970)によれば記録されているもので100種あり、うち11種がペルーに生殖する。語源的にはギリシャ語のLepidionから釆ている。その実の形から、小さな鱗片という意味である。

植物学上の位置づけは下記の通り。

門 :Angiospermae
網 :Dicotiledoneae
準網:Archichlamydeae
日 :Rhoedales
料 :Cruciferas
属 :Lepidium
種 :Lepiddim meyenil Walp
俗名:Maca、maCamaCa、maino、ayak chichira、ayak willku

マカは、アブラナ科の植物のうちアンデスで唯一、栽培されているもので、アンデス圏に生えているその他のレビデイウム属の植物は野性で、多くの場合、他作物の間の雑草になっている。この植物はバラの花の形をしており、直根と胚軸が地面下の貯蔵機能を形成、これか食用になる。葉は複合で二形性を示す。栄養部分は大きく、繁殖部分は小さい。花は房に集まっている。果実は裂開性の矩角果で卵形の小さな種をニケ包む。有任の種を使って繁殖する。

化学成分と薬学上の特性

≪成分≫アルカロイド、アントシアニン、サボニン、テルベノイド、ステロイド、テキストリン
≪属性≫信じられない程、広い範囲の属性を有す。インカ帝国の時代には特権楷級の食べ物と考えられ、戦いのあとの戦士への褒賞として使われたという言い伝えが残っている。
(出所:ラモン・ソリス・ホスピナル著『ボンボン高原のマカ生産』)


1

コラーゲン | 田七人参 | 大麦若葉 | 深海鮫エキス | 亜鉛 | ヒアルロン酸 |
マカ | コラーゲン サプリメント | 田七人参 | 大麦若葉 青汁 | ゲルマニウム ネックレス | コラーゲン | プラセンタ |
ブランド 財布 | マカ サプリメント | ヒアルロン酸 原液 | プラセンタ 原液 | セラミド 原液 | マカ | カーゴパンツ |
ソフォン | 田七人参 | マカ 効能 | ヒアルロン酸 | 精力剤 | 大麦若葉 | コラーゲン 食品 | 大麦若葉 粉末 | ヒアルロン酸 |
コラーゲン食品 | 田七人参 効果 |





FC2 [PR] キャッシング 冷え対策 ヤスオク 動画 無料レンタルサーバー SEO